確定拠出年金の運用状況(2017年8月)

メネオです。今日は現段階(2017年8月)の確定拠出年金の状況についての記録です。

2012年11月から拠出を始め、今年で5年近くになります。私は自営業者ですので、毎月68,000円を拠出しています。すでに年金以外では日本株式に投資をしておりましたので、バランスを取って外国株式・外国債券で運用することにしました。

当初は外国株式インデックス(80→90%)と外国債券インデックス(20→10%)の組み合わせで、運用していましたが、自分の年齢から考えてすべて株式でも問題ないだろうと判断し、運用方針を変更してすべて外国株式インデックスに一本化しました。

また、運用商品ラインナップに、新たな外国株式インデックスファンドが追加されたので、信託報酬がさらに安く、解約時の信託財産留保金のない現在のファンド(DCニッセイ外国株式インデックス)にスイッチしています。

まとまった額のお金を貯めるにしても、天引き貯金は王道です。人間、天引きされてしまえば残ったお金でなんとかするもの。逆にお金が残ったら投資をする、なんてことは大抵うまくいきません。

拠出金は毎月銀行口座から自動引き落としされるので、強制的に積み立てでき、仕組みとしては非常に強力です。それがさらに(私の場合ですが)外国株式でインデックス運用され、一定の年齢まで引き出しができず、長期投資せざるを得ない状況に置かれるこのシステムはすばらしく、利用しない手はないと思います。

当初は節税対策の一環として取り掛かりましたが、個人的にはもっと早く始めればよかったと感じています。


本サイトの利用により被ったいかなる損害についても責任を負いかねますので、最終的な投資判断はご自身の責任でお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です