FX投資についての私のスタンス

メネオです。今回はFX(外国為替証拠金取引)投資について私のスタンスを記そうと思います。

現在、私はFX投資についてはレバレッジは掛けず、外貨預金の代替手段として考えております。

当初、私がFX投資を始めたころに期待していたのは、頻繁にトレードをして利益を得るので

はなく、金利差に着目したスワップポイント(金利差から得られる利益)を得ることでした。

スワップポイント目的で新興国通貨を購入したのですが、スワップポイントが積みあがるのと

は対照的に円に対する新興国通貨の価値が下落、一定の投資スパンでみても、想定していた投

資の成果は得られませんでした(これは私のトレーディング力不足でもあるかもしれませ

んが・・・)。

現在でもFX投資をする理由は、外貨預金の代替(銀行等で外貨預金をするよりは取引手数料

が安価であること、円資産に対するリスクヘッジの意味合いもあります。)ということと、為

替の動向を把握することです。

FXのポジションを保有していれば、為替動向にはいやがおうにも敏感になります。

現在ポジションがどのくらいの含み益がでているのか、含み損なのかが視覚的にわかりやすい

ですし、通貨の値ごろ感覚を磨くによいのかなと思います。もちろん、値ごろ感覚に付随して

適宜中長期のトレードもします。

また、外国株投資のエントリーのタイミングを計るうえでも、為替動向を把握することは非常

に重要であると考えています。

株式投資で過去に信用取引で痛い失敗をしたこともあり、現在はレバレッジの利用については

否定的で、極力使用しない(原則レバレッジは1倍未満、相場急変時には短期間限定でレバレ

ッジをかけた取引をする可能性もあるが、それでも3倍程度まで)ことを投資方針としていま

す。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です